スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超優良株で資産をつくる!世界一シンプルな投資戦略」(山田勉)

超優良株で資産をつくる! 世界一シンプルな投資戦略―「本物の投資」こそが日本を浮上させる!」(山田勉)は、保守本流、投資の王道を解説したもの。

例えば、株式投資とは、長期的に見れば、資を投ずる=信頼に足るか?というのが投資で、利益(業績)で変動するという考え方のもと、EPSの伸びや配当利回り、割安感をベースに上下するものであるのに対し、短期的に見れば、機に投ずる=タイミングがどうか?というのが投機で、需給で変動するという考え方のもと、投資家の動きやニュース、イベントなどで値が動くというものであると解説している。

超優良株であるかどうかは、

「圧倒的な強さを持つ」

ということと

「伸びるマーケットを持つ」

という2つの条件があてはまるかどうかで判断するとのこと。

一貫しているのは、

正しい株式投資とは、「世の中に役立つ企業はどこなのか」を真剣に考え、選別し、その企業に願いを託すように投資するということ

を訴えているところ。

その一方で、短期トレードが、機を窺う感覚を磨くことにつながり、楽しさとスキルを強化するということで、そちらも否定せず、次のような8つの戦略をあげている。

1.一面血の海戦略 ちゃぶ台返しが起きて投資家の悲鳴が聞こえてくるような波乱時に買う

2.ベスト半年の法則 秋冬から春先までの半年間は上昇しやすい

3.決算発表アノマリー戦略 2,5,8,11月半ばの決算発表ピークは株価が下がりやすい

4.1-3月戦略 この時期は配当利回り株と低位株が上昇しやすい

5.IPO閑散期 1,5,8月はIPO閑散期で、新興市場は需給状態がよくて上昇しやすい

6.新高値銘柄につけ! 年初来高値など新高値をつけてきた銘柄は、その勢いで一段と上昇加速しやすく、先駆株から後続を予測する

7.売買代金ランキング活用つかみどり戦略 日々の売買代金上位銘柄ランキングをチェックして、活況の業種・セクター・テーマを探し、短期売買のターゲットにする

8.セクターローテーション戦略 セクターローテーションでは、例えば、ちゃぶ台返しの後、配当利回り株、公共株、ディフェンシブ株、国際優良株、ハイテクシクリカル成長株、新興株の順でセクターが投資家から物色されていくといった傾向を利用する



株式投資とはどうあるべきかを著者の20年を超える経験にもとづき知ることができる良書。おススメ!

実践度:☆☆☆☆
理論度:
難易度: 


超優良株で資産をつくる! 世界一シンプルな投資戦略―「本物の投資」こそが日本を浮上させる!
00466-thumb-208xauto-7994.jpg


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「略奪大国」(ジェームス・スキナー)

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~」(ジェームス・スキナー)は、アメリカ人的視点から日本のおかしさを指摘している本。

「平成23年度時点の国家公務員の平均年間賃金は1336万円。国民一人当たりの国内総生産は330万円。世帯平均所得は550万円。これどうよ?」と数字を使って日本の事実を見える化してくれている。

また、

前例主義は、良いことをせず、ダメなことをする言い訳にすぎません。問題は、何が正しいのかということです。



と日本の悪しき慣習を指摘したりもしている。さらに、

共産主義と社会主義は、窃盗を必要としている...それはその哲学の中心にある...ある人から財産を奪い、別の人に配布するという思想



として、社会主義と共産主義が略奪を基礎とする思想であることを述べている。

日本が破綻するときに「合併」という選択肢があり、その最良のものは、米国と合併することであることについても説明している。

アメリポンになれば、日本が抱えるほとんどの問題が解決されます。



確かに。GDPは、14.6兆円の米国と4.3兆円の日本を合わせて18.9兆円となり、世界の4分の1を占めることになる。戦争責任も問われなくなり、尖閣諸島や北方四島の近くに埋蔵しているメタンハイドレートの開発も容易になる。基地問題も、原子力の問題も、食料自給率も、エネルギー問題も、ほとんど一瞬にして解決するだろう。

その代わりに日本文化をはじめとして日本の良いところを諦めなければならないところはあるかもしれない。

著者は、日本がアメリカと合併したら、人口バランスから、道州制が導入され、議員も出ることになるだろうという。

もう一つ、アメリカらしい考え方が記されているところがある。それは、

民主主義を間違って解釈する人が後を絶ちません。アメリカの独立宣言に、人間は平等であると、一言も書いていません。書かれてあるのは、「人間は平等に作られた」ということです。つまり、スタートラインにおいて、平等なのです。後は、努力し、自分の生活を改善し、その成果を享受し、それを自分の思う方法で楽しむということができなければ、自由はない...本当の平等は、結果の平等ではなく、参加する権利が平等であるということです。



あとがきには、まともなビジネスパーソンなら納得できる著者の叫びが記されている。

「この状況を打破するために、政府は何をすべきですか?」 その答えは「ナッシング」何もしないで結構です!!!

「私は何ができるか?」その答えはカンタンです。「略奪心を捨てなさい」ということです。人のものをもらいたいと思うのを止めなさい。嫉妬心を止めなさい。人の成功を見て、それを喜んであげてください。



日本のことを憂うなら、一度は目に通したい一冊。オススメ。

実践度:☆☆☆
理論度:
難易度: 




【スキナー氏のその他の著書】
図解 お金の科学


成功の9ステップ





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。