スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『知的財産戦略』(丸島儀一)

キヤノンで40年にわたる知財担当の経験と弁理士としての専門知識を持ち、『キヤノン特許部隊』の著者、丸島儀一氏の新作『知的財産戦略』。

これからの時代、知財抜きには語れない。必須の一冊。

01237-6-thumb-208xauto-21200.jpg

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

『100円のコーラを1000円で売る方法』(永井孝尚)

『100円のコーラを1000円で売る方法』(永井孝尚)は、最新の経営理論をストーリーで学べる一冊。

価格を下げるな、「価値」を上げろ



9784806142393.jpg

簡単に読めるので是非、読むべし!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「結果を出すリーダーはみな非情である」(冨山和彦)

経営共創基盤(IGPI)の代表取締役CEOである冨山和彦氏の「結果を出すリーダーはみな非情である」(冨山和彦)

第一章 なぜ若いうちからリーダーシップが必要なのか
第二章 現実を直視する: 日本と日本企業と「ニッポンンの課長」の命運
第三賞 リーダーシップの条件1 論理的な思考力、合理的な判断力が不可欠である
第四章 リーダーシップの条件2 コミュニケーションは情に訴え根負けを誘う
第五章 リーダーシップの条件3 実践で役立つ戦略・組織論を押さえる
第六章 リーダーシップの条件4 評価し、評価されることの本質を知る

コラム「結果を出すリーダーはみな非情である 30代から鍛える意思決定力」はこちら

02147-7-thumb-208xauto-22595.jpg

読むべし!

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ(郷原信郎)

組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ」(郷原信郎、毎日新聞社)では、コンプライアンスとは、単なる法令遵守ではなく、社会からの要請に応えることと捉えるべきであるということを説いている。

日本国外から入ってきた言葉を直訳しているだけではだめで、その背後にある考え方をしっかりと理解した上で概念を使いこなさなければならないということを教えてくれている。

ライブドア事件や村上ファンド事件、トヨタのリコール問題への対応、原子力問題に関する電力会社のあり方、検察の不祥事など具体的な事例の本質に触れつつ、本来どうすべきであったかということが解説されているので、ビジネスの第一線にいるビジネスパーソンにとって、理解しやすくなっていると思われる。

また、日米の違法行為は、それぞれ「ムシ型」(害虫型)と「カビ型」であるという比喩を使った説明もなされており、本書を読めば、その意図するところがよく理解できる。

コンプライアンスは、法務部門だけの仕事ではない。ビジネスの現場では、常に意識しなければならないことである。なぜなら、それは、単なる法令遵守なのではなく、社会の要請に応えることだからである。他を凌ぐ一歩抜きん出たビジネスパーソンになるために役に立つ一冊。オススメ!

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:☆☆



郷原信郎氏関連図書 








 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

「ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階」(ジェームズ・C・コリンズ、日経BP社)

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階」(ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins) (著), 山岡 洋一 (翻訳) 、日経BP社)は、「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則」、「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則」の続編。

「成功から生まれる傲慢」「規律なき拡大路線」「リスクと問題の否認」「一発逆転策の追及」「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」という衰退の5段階があることを示し、具体的な企業の歴史をもとに、衰退していく様子を示している。

他社の失敗から何を学ぶべきなのか?その一点に集中して本書を読み進めることにより、さまざまな示唆が得られるだろう。例えば、第一段階のところにある「ものを知っている人間」に関する記述。

「ものを知っている人間」は二つの方法で会社を衰退への道に導きうる。第一に、具体的な慣行について独断的になりうる。・・・第二に、当初の成功をもたらした要因が通用しない事業に進出するか、通用しない規模にまで拡大して、拡張しすぎになりうる。

周りにはそんな「ものを知っている人間」がワンサカいるかもしれない。それは第一段階の兆候かもしれない。第二段階では、イノベーションに関する記述が参考になるかもしれない。

イノベーションは成長の原動力になりうるものの、イノベーションに熱狂していると、成長が速すぎて戦術面の卓越性を持続できなくなり、やはり簡単に衰退の段階を急速に下ることになりかねない。

よく、企業が衰退するのは、「イノベーションの欠如」と「自己満足」が挙げられるが、必ずしも直感がアテにならない場合があることを説明している。詳しくは本書をごらんいただき、確認していただきたい。

付録五の「主要なポストに最適な人材の条件」や付録七の「良好な企業から偉大な企業への飛躍の法則-枠組みの要約」なども面白い。オススメ!

実践度:☆☆
理論度:☆☆
難易度:☆☆





関連図書:
 

 



参考:




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。