スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WHY型思考」が仕事を変える(細谷功)

「WHY型思考」が仕事を変える (PHPビジネス新書)」(細谷功)は、「地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」」や「いま、すぐはじめる地頭力」で有名な「地頭力」細谷功氏が、「本当の成果を出す力」について紹介した一冊。新書版なので、手軽に読むことができる。

What型思考をする人は、現状を踏襲し、規則は守るためにあると考え、他社の事例は真似するためにあると考え、また、「問題解決」とは与えられた問題を解くことと考える。

一方、Why型思考をする人は、現状を否定し、規則は「打ち破るためにある」と考え、他社の事例は真似しないためにあると考え、また、「問題解決」とは問題自身を発見・定義し、解くことと考える。

Why型思考を心がけることで、常に本質を見ることができ、その結果、成果にもつながっていくというのが細谷氏の主張。

このようなWhy型人材を育てるために必要なのは、指導者が、相手に考えさせるということが必要となり、双方向なやりとりが大切だという。「これからの「正義」の話をしよう ― いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房)」というエントリーで紹介したマイケル・サンデル氏などは、このWhy型教育を実践しているといえるのかもしれない。

軽快に読める良書。一歩ライバルに抜きん出たいビジネスパーソンには必須の一冊。

なお、つい、声を出して笑ってしまった部分はこちら↓

国際会議で難しいのはインド人を黙らせることと日本人をしゃべらせることだ

(^^;;

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 










にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。