スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これからの「正義」の話をしよう ― いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房)

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房)は、仕事や普段の生活の中で出会うジレンマに直面したときに、参考になる考え方を示してくれる読み応えのある一冊。

早川書房のサイトでは、以下のように紹介されていて、第1章のpdf版が無料でダウンロードできるようになっている。

「ハーバード白熱教室」NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日~6月20日、毎週日曜18:00~19:00、全12回)。金持ちの税金を貧者に分配するのは公正か。前の世代が犯した過ちについて、私たちにつぐないの義務はあるか。個人の自由と社会の利益はいかにして両立可能か──豊富な実例で古今の哲学者の思想を解きほぐす。アメリカ現代思想界の雄による、ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る超人気講義。
推薦:宮台真司氏

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。
つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。
哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。
ハーバード大学史上最多の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

■マイケル・サンデル
Michael J. Sandel
1953年生まれ。ハーバード大学教授。ブランダイス大学を卒業後、オックスフォード大学にて博士号取得。専門は政治哲学。2002年から2005年にかけて大統領生命倫理評議会委員。1980年代のリベラル=コミュニタリアン論争で脚光を浴びて以来、コミュニタリアニズムの代表的論者として知られる。主要著作に『リベラリズムと正義の限界』、『民主政の不満』、Public Philosophyなど。類まれなる講義の名手としても著名で、中でもハーバード大学の学部科目「Justice(正義)」は、延べ14,000人を超す履修者数を記録。あまりの人気ぶりに、同大は建学以来初めて講義を一般公開することを決定、その模様はPBSで放送された。この番組は日本では2010年、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』(全12回)として放送されている。

内容のキモになる部分は、例えばblog「Entrepreneurshipを探る旅」の「「これからの『正義』の話をしよう いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル)」というエントリーなどで紹介されているが、サンデル氏の主張は、正義を考える上では「判断」は避けられず、その「判断」の際の助けとなる「善」の考え方を持っておくべきというところ。

さまざまなケースを持ち出し、読みながらも考えることができるなかなかの良書。きっとハーバード大学の授業を聞いていても面白いのだろう。(ただし、英語がわかれば、の話だが(^^;;)ちなみに、本書の章構成は以下のようになっている。

第1章 正しいことをする
  幸福、自由、美徳
  パープルハート勲章にふさわしい戦傷とは?
  企業救済への怒り
  正義への三つのアプローチ
  暴走する路面電車
  アフガニスタンのヤギ飼い
  道徳のジレンマ
第2章 最大幸福原理──功利主義
  ジェレミー・ベンサムの功利主義
  反論その1:個人の権利
  反論その2:価値の共通通貨
  ジョン・スチュアート・ミル
第3章 私は私のものか?──リバタリアニズム(自由至上主義)
  最小国家
  自由市場の哲学
  マイケル・ジョーダンの金
  私は私のものか?
第4章 雇われ助っ人──市場と倫理
  どちらが正しいのか-徴兵と傭兵
  志願兵制の場合
  金をもらっての妊娠
  代理出産契約と正義
  妊娠を外部委託する
第5章 重要なのは動機──イマヌエル・カント
  権利に対するカントの見方
  最大幸福の問題点
  自由とは何か
  人格と物
  道徳的か否かを知りたければ動機を見よ
  道徳の最高原理とは何か
  定言命法 対 仮言命法
  道徳と自由
  カントへの疑問
  セックスと嘘と政治
第6章 平等をめぐる議論――ジョン・ロールズ
  契約の道徳的限界
  同意だけでは不十分な場合-ベースボールカードと水漏れするトイレ
  同意が必須ではない場合-ヒュームの家とスクイジー・マン
  利益か同意か?自動車修理工サムの場合
  完璧な契約を想像する
  正義の二つの原理
  道徳的恣意性の議論
  平等主義の悪夢
  道徳的功績を否定する
  人生は不公平か
第7章 アファーマティブ・アクションをめぐる論争
  テストの差を補正する
  過去の過ちを補償する
  多様性を促進する
  人種優遇措置は権利を侵害するか
  人種隔離と反ユダヤ的定員制限
  白人のためのアファーマティブ・アクション?
  正義を道徳的功績から切り離すことは可能か
  大学の入学許可を競売にかけては?
第8章 誰が何に値するか?──アリストテレス
  正義、目的因(テロス)、名誉
  目的論的思考:テニスコートとクマのプーさん
  大学の目的は何か?
  政治の目的は何か?
  政治に参加しなくても善い人になれるか
  習うより慣れよ
  政治と善良な生活
  ケイシー・マーティンのゴルフカート
第9章 たがいに負うものは何か?――忠誠のジレンマ
  謝罪と補償
  先祖の罪を償うべきか
  道徳的個人主義
  行政府は道徳に中立であるべきか
  正義と自由
  コミュニティの要求
  物語る存在
  同意を超越した責務
  連帯と帰属
  連帯は同族を優遇する偏見か?
  忠誠は普遍的道徳原理に勝るか?
  正義と善良な生活
第10章 正義と共通善
  中立への切望
  妊娠中絶と幹細胞をめぐる論争
  同性婚
  正義と善良な生活
  共通善に基づく政治


なお、この人気を受けてか、「週刊 東洋経済 2010年 8/21号 [雑誌]」では、実践的「哲学」入門という特集を組んで、マイケル・サンデル氏の考え方なども数ページにまとめて簡単に紹介しているので、手軽に知るにはちょうどいい。

ちなみに、wikiによると、マイケル・サンデル氏の奥様はキク・アダット(Kiku Adatto)さんとおっしゃるようで、「Aspen Ideas Festival 2008 Speakers & Moderators」などでも紹介されているが、なかなかアタマが良さそう。(「キクへ、愛をこめて」と書かれていたから、日本人かと思いきや、まったく違っていた!)

ちなみにちなみに、よく目にするサンデル氏の写真は、どうやらこのKiku Adattoさんが撮影した模様...

いずれにしても、「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房)は、今後、知的に高度な仕事をしていくビジネスパーソンにとっては必須の一冊となるのではないだろうか。オススメ!

実践度:☆☆
理論度:☆☆☆
難易度:☆☆☆☆







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「これからの『正義』の話をしよう いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル)

度重なる東京出張の移動の時間の一部を使って「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房)を読んでみた。 「NHK ハーバード白熱教室」で一気に日本でも知られるようになり、「週刊東洋経済...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。