スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「電池」で負ければ日本は終わる』岸宣仁

『「電池」で負ければ日本は終わる』(岸宣仁)は、知財に詳しい著者が電池に着目して書いた一冊。

戦略的技術となりつつある電池がこれからの日本の将来を決めるかもしれないということを訴えようとしている。

ちなみに、日経新聞による書評(抜粋)は以下のとおり。

電池、とりわけ家電や自動車に使われるようになったリチウムイオン電池は日本の旭化成が発明し、ソニーが商品化したものだ。だが、その電池も日本は販売シェアで韓国に抜かれ、特許の出願でも中国の追い上げを受けている。

 本書はそうした日本の現実を踏まえ、半導体やテレビで敗戦しても電池だけは技術と市場での優位性を守るべきだと主張する。

 ...興味深いのは日本を抜いた韓国でなく、米国にむしろ注目している点だ。

 米国は現在、リチウムイオン電池をほとんど生産していない。だが化石燃料に置き換わるであろうリチウムイオン電池や、その次の技術で覇権を握ろうと米国が様々なプロジェクトを進め、GM救済もその一つのステップだった、との分析は興味深い。...



日本の成長の種となる電池について知りたい場合は読むべし!

実践度:
理論度:☆☆
難易度: 


114442.jpg


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。