スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法」(トム・ケリー他著)は、シリコンバレーの中心、パロアルトにあるIDEO というデザイン会社が、実際にどうやってイノベーションを起こしているかを、豊富な写真と平易な言葉で紹介したものである。ちなみに、スタンフォード大学Management Science and Engineeringの授業"Creativity and Innovation"の教科書としても採用されていた。

書かれている内容は、思わず納得してしまうようなものばかりで、この本の内容が当然と思えてくるほど、スッと頭に入ってくる。

例えば、

「難しい判断や理解できない問題で行き詰ったときは、自分が知っている限りの頭の切れる人間に相談する」

とか、

「よいアイデアを手にいれる最良の方法は、『多くの』アイデアを手に入れること」

とか、

「プロトタイプ製作は、問題を解決する方法だ。そして、文化であり言語である。」

とか、

「製品やサービスを提供するとき、『名詞』ではなく『動詞』で考える。それによって、あなたの会社やブランドと出会うすべての人のためにすばらしい経験をつくりだせる。」

といった話は、短い言葉ではあるけれど、ストンと腹に落ちる。

中でも、「プロトタイプを作る」ことの重要性は、

「プロトタイプを作ることは、イノベーションのプロセスの一段階であると同時に、一つの哲学でもある。」

と表現されているように、かなり強調されているように感じる。

あまりに面白くて、思わず時間を忘れて没頭してしまうような一冊。これはホントに多くの人にオススメっ!!!

「イノベーションの成功とは、ゴルフの完璧なスイングのようなものだ。・・・うまいスイングのために、やることはたった十七しかない・・・それぞれは悲しくなるほど簡単だ。頭をさげておけるかい?もちろん。左腕をまっすぐにできるか?できる。ひざを少し曲げられるか?よしてくれ。ばかにする気か?すべて簡単だ。難しいのは、その十七のことをすべて同時にやることなのだ・・・そして、それを数十回、コースで一貫してやりつづけるのだ。」


実践度:☆☆☆☆
理論度:☆☆
難易度:



参考リンク:
IDEOが教える「イノベーションを生む秘けつ」
イノベーションを創出する IDEOマジック
IDEOにおけるデザイン・プロセスの5段階


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。