スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識創造企業

知識創造企業」(野中郁次郎、竹内弘高)は、人間の知識を「形式知」と「暗黙知」に分け、それぞれについて解説するとともに、組織としてどのように知識を創造していくかを述べた良書。

形式知(explicit knowledge)は、言葉や数字によって表すことができる知識であり、暗黙知(tacit knowledge)は、人間一人ひとりの体験に根ざす個人的な知識であり、信念、ものの見方(パースペクティブ)、価値システムといった無形の要素を含んでいるものである。

The Knowledge-Creating Company: How Japanese Companies Create the Dynamics of Innovation」を翻訳したものであるが、本書でとりあげられている例は、日本企業における知識創造の活動が多く、日本のビジネスパーソンにとっては読みやすい。

(知識)の重要度がますます高まっているビジネスの世界に生きるビジネスパーソンにとって、「」の基本書となる一冊!オススメ!

実践度:☆☆
理論度:☆☆☆☆
難易度:☆☆








 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。