スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノベーションへの解 収益ある成長に向けて

イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)」(クレイトン・クリステンセン著)は、「イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)」の続編。

最後の章には「イノベーションへの解」を求める経営者への助言が纏められているが、結局のところは、本書の内容をしっかり理解して、いわゆる真っ当なマネジメントを行なうべき、というのが本質的なメッセージである。著者は、最後にこう強調している。

「新たな破壊的成長事業の構築を監督する経営幹部は、才気溢れる戦略家であれ」とする心得が含まれていない

ビジネスパーソンならば「イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)」と合わせて、一度は目を通しておきたい一冊。

実践度:☆☆
理論度:☆☆☆☆
難易度:☆☆☆






 

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。