スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会社の品格」(小笹芳央)

リンクアンドモチベーションの小笹芳央氏の著書。会社の品格、組織の品格、上司の品格、仕事の品格、処遇の品格、経営者の品格、社員の品格といった内容が盛り込まれており、分かりやすい言葉でそれらの考え方が表現されている。

組織の品格を見極めるとき、まず真っ先に挙げたいのは「儲けなど、数字で表される指標以外の使命や目標が共有されているか」という点です。・・・本来的に経済合理軸で動く会社が品格を保つためには、数字や儲け”以外”の使命や目標によって、社会と接続されていなければならない。つまり社会にメッセージをきちんと送れる存在でなければならないのです。

上司あるいはリーダーの影響力の源泉には、5つの要素があると私は分析しています。「専門性」「人間性」「返報性」「一貫性」「厳格性」です。・・・「返報性」とは、・・・この人に恩返ししたい、この人に報いたい、という気持ちにさせること。・・・「厳格性」とは、規範からズレたとくには、厳しくしかれること。・・・専門性=すごい。人間性=素敵。返報性=ありがたい。一貫性=ブレない。厳格性=厳しい。

上司の品格・・・
①上司の頭-品格のある上司は、自分の頭で考える
②上司の口-品格のある上司のコミュニケーションは”報酬”になる
③上司の目-品格のある上司は、物事を色メガネで見ない
④上司の耳-品格のある上司は、マイナス情報にも耳を傾ける
⑤上司の鼻-品格のある上司は、数値化できない事柄でも鋭い嗅覚で判断する
⑥上司の腹-品格のある上司は、腹をくくってリスクを恐れない
⑦上司の手-品格のある上司は、両手を広げ、他部署や部下とつながっている
⑧上司の足-品格のある上司は、現場に足を運ぶ

仕事の品格
①納得感のある仕事
②使命感のある仕事
③効力感のある仕事
④普遍性のある仕事
⑤貢献感のある仕事
⑥季節感のある仕事


上のようなメモ書きを読んでドキッとした人、これからキャリアを積み重ねようとする人など、多くのビジネスパーソンが読んでも損はない一冊!

実践度:☆☆☆
理論度:☆☆☆☆☆
難易度:☆☆





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←他のブログもチェック!! 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。