スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超優良株で資産をつくる!世界一シンプルな投資戦略」(山田勉)

超優良株で資産をつくる! 世界一シンプルな投資戦略―「本物の投資」こそが日本を浮上させる!」(山田勉)は、保守本流、投資の王道を解説したもの。

例えば、株式投資とは、長期的に見れば、資を投ずる=信頼に足るか?というのが投資で、利益(業績)で変動するという考え方のもと、EPSの伸びや配当利回り、割安感をベースに上下するものであるのに対し、短期的に見れば、機に投ずる=タイミングがどうか?というのが投機で、需給で変動するという考え方のもと、投資家の動きやニュース、イベントなどで値が動くというものであると解説している。

超優良株であるかどうかは、

「圧倒的な強さを持つ」

ということと

「伸びるマーケットを持つ」

という2つの条件があてはまるかどうかで判断するとのこと。

一貫しているのは、

正しい株式投資とは、「世の中に役立つ企業はどこなのか」を真剣に考え、選別し、その企業に願いを託すように投資するということ

を訴えているところ。

その一方で、短期トレードが、機を窺う感覚を磨くことにつながり、楽しさとスキルを強化するということで、そちらも否定せず、次のような8つの戦略をあげている。

1.一面血の海戦略 ちゃぶ台返しが起きて投資家の悲鳴が聞こえてくるような波乱時に買う

2.ベスト半年の法則 秋冬から春先までの半年間は上昇しやすい

3.決算発表アノマリー戦略 2,5,8,11月半ばの決算発表ピークは株価が下がりやすい

4.1-3月戦略 この時期は配当利回り株と低位株が上昇しやすい

5.IPO閑散期 1,5,8月はIPO閑散期で、新興市場は需給状態がよくて上昇しやすい

6.新高値銘柄につけ! 年初来高値など新高値をつけてきた銘柄は、その勢いで一段と上昇加速しやすく、先駆株から後続を予測する

7.売買代金ランキング活用つかみどり戦略 日々の売買代金上位銘柄ランキングをチェックして、活況の業種・セクター・テーマを探し、短期売買のターゲットにする

8.セクターローテーション戦略 セクターローテーションでは、例えば、ちゃぶ台返しの後、配当利回り株、公共株、ディフェンシブ株、国際優良株、ハイテクシクリカル成長株、新興株の順でセクターが投資家から物色されていくといった傾向を利用する



株式投資とはどうあるべきかを著者の20年を超える経験にもとづき知ることができる良書。おススメ!

実践度:☆☆☆☆
理論度:
難易度: 


超優良株で資産をつくる! 世界一シンプルな投資戦略―「本物の投資」こそが日本を浮上させる!
00466-thumb-208xauto-7994.jpg


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

『サラリーマン「再起動」マニュアル』(大前研一)

サラリーマン「再起動」マニュアル』(大前研一)は、ちょっと古いけれど、また、「再起動」と書かれているけれど、若いうちに読んでおくべきではないだろうか。

できる人の共通点は、

ハングリーでリスクテーカー



だという。共通点は3つ。

1)人生はリスクをとるものと達観している

2)人が見ていようがいまいが、給料が上がろうが上がるまいが、自分のやりたいことをやる

3)常にハングリーで、強い欲望や願望がある




また、優れたトップになるためには、

「私が考え抜いた結果はこれです」ときっぱりいえる訓練をとことん積んだ人間



であるべきとのこと。


その他、いろいろと参考になることが書かれている。一度は読むべし。


実践度:☆☆☆☆
理論度:
難易度: 






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる」

サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる」(ムン・ヒョンジン)は、飛ぶ鳥を落とす勢いのサムスンでの仕事の仕方を紹介した本であり、多くのビジネスパーソンが読んでおくべき一冊だと感じる。

なぜ一流になるまでに5年なのか。それは、

「入社五年目」は、仕事人生の大きな分岐点



だからだと言う。

 一日3時間ずつ10年間取り組めば、その分野の仕事に「精通」し、誰もが認める専門性を身につけることができる

 これを一日3時間ではなく6時間にすると、「1万時間の法則」に該当するのは、ちょうど5年目ということになる。

 このように5年という時間は、単に「最初の5年」というだけでなく「専門家として確実に成長できる5年」という意味もある




本書の中では、基本的なビジネスマナーの大切さをも紹介している。例えば、

時間を制する者が、成果と利益を制す



というもの。

 時間の約束を守ることほどたやすいものはない。時間を守るにはお金もかからないし、優れた仕事力が必要なわけでもない。まして緻密な頭脳プレーなど必要ない。

 ただ、移動の時間を前もって計算して、ちょっとだけ急げば十分に約束の時間は守れるのだ。こんなに簡単なことすら守れない社会人が、大きな成果を出すというのは理にかなわない

 最高の成果は「時間」から始まる




また、

報告書は、自分の顔であり人格である



という考え方も紹介されている。

 優れた報告書に必要な三つの視点

 「過去—現在−未来」の視点のフレームに沿って考える

 過去 誰がどこに集まって何の会議をした その中でどんな話が出た
 現在 何をすべき それを実現するための難関は何で、解決するためにはどうしたらいいのか
 未来 会社の将来像と進むべき方向

 報告書は「事実を並べただけの文書」ではない。業務を確実にまとめ上げ、次のステップに移るための踏み石の役割をするものだ。そして、会社のビジネスを最終的な目標に向かって力強く引っ張っていく、強力な歯車でもあるのだ。

 もっとも重要なのは、「タイトル」と「ポイントの要約」

 適切な「キーワード」を選び出すこと

 「ポイントを要約する」ことと、「適切なストーリーラインをつくる」

 「証拠」が示されなければならない。

 「結論部分」 役員に決断させ、未来の推論を可能にし、会社の方針を組ませる


 
 
以上が、入社前のマナーであるというから「常識」なのだろう。

5年目まで、順を追って書かれている。

絶対読んでおくべき一冊。


実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度: 






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

「聞く力 心をひらく35のヒント」(阿川佐和子)

聞く力―心をひらく35のヒント」(阿川佐和子)は、インタビューが仕事のメディア関係者だけでなく、ビジネスパーソンにも役に立つ。例えば、「相手からいかに情報を聞き出すか」というのは、ビジネスパーソンにとっては、高度なところに入り込めば入り込むほど必要になるスキルである。


そのコツは、

相手が「この人に語りたい」と思うような聞き手になればいいのではないか。...鋭い質問を用意することも、相手の言葉の隙を突っ込んでいくことも、どうやら私にはできそうにありません。


ということなのかもしれない。また、先輩アナウンサーの本の中にあったこととして次のようなことも書かれていたことも紹介されている。

「インタビューするときは、質問を一つだけ用意して、出かけなさい。」「もし一つしか質問を用意していなかったら、当然、次の質問をその場で考えなければならない。次の質問を見つけるためのヒントはどこに隠れているだろう。隠れているとすれば、一つ目の質問に応えている相手の、答えのなかである。そうなれば、質問者は本気で相手の話を聞かざるを得ない。そして、本気で相手の話を聞けば、必ずその答えのなかから、次の質問が見つかるはずである。」


また、次のようなことも書かれている。

事前の準備はほどほどに。...資料を万全に読み込んで、すべての情報を頭に入れていくと、安心すると同時に、油断もします。


大事なポイントは、得てして、ほんの小さな言葉の端に隠れている...さりげなく付け加えた形容詞や、言葉の最後に挟み込んだ普通名詞や、ちょっとした小さな言葉。そういう謙虚な宝物を見過ごしてはいけません。



人の話を聞くときは、具体性というものが大事



話をする当の本人にとっても、自ら語ることにより、自分自身の心をもう一度見直し、何かを発見するきっかけになったとしたら、それだけで語る意味が生まれてきます。そのために、聞き手がもし必要とされる媒介だとすれば、私はそんな聞き手を目指したいと思います。



そんな彼女が引き出した話も少し紹介されているが、どれもとても面白い。

例えば、レスリングの浜口京子選手がアテネ五輪の準決勝で負けの判定を受けるというアクシデントがあり、母に電話した浜口選手が言われた言葉。

「私は今まで勝ってって言ったことはないでしょ?でも、今回は勝ちなさい。銅メダルを取りなさい」
その一言で、それまでただ唖然とするだけで泣くこともできなかった浜口選手が初めて涙を流したのだとか。

あるいは、デーモン小暮による解説。

「ロックがいろいろな枝葉に分かれていく中で、速さと激しさを追求したものをハードロック...ハードロックに様式を持ち込むと、それがヘヴィメタル...あれだけの轟音で演奏している中で...高くないと声が通らないから、だからヘヴィメタのボーカルはみんな、必然的に高い声で歌うようになった



井上ひさし氏が離婚についての独白をした時の話。

自分が過ごしてきた二十二、三年間が、スポーンとなくなる、その恐ろしさ。結婚した直後から、ひとりぼっちでいる今の自分までの時間がピタッとくっついて、間の人生がなくなっちゃった心細さというか、恐ろしさは、すごかったですよ」



深い~♪

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:(易しい)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「安岡正篤に学ぶ」(松本幸夫)

通勤大学人物講座〈2〉安岡正篤に学ぶ (通勤大学文庫)」(松本幸夫)は、佐藤、福田、大平、中曽根など「歴代総理の指南役であった安岡正篤の哲学をやさしく解説」(by Amazon)した自己啓発書。


名経営者は傲慢ではなく、謙虚・素直であることを挙げ、住友銀行の頭取だった堀田庄三氏の企業を育てる5つの方針「おいあくま」

おこらず
いばらず
あせらず
くさらず
まけず

を紹介したりしている。

安岡のベースとなっていた陽明学は「知は行の始め、行は知の成るなり。」という「知行合一」の考え方についても紹介されている。合わせて紹介されていたのが禅の考え方。これが似ているとのこと。禅においては、

机上の空論、いたずらの理論・理屈のことを「戯論(けろん)」と呼んでいる。これは知行合一が成されていないこと、すなわち行動の伴わない知識のことをいう。



陽明は、何でも徹底的にやったとのこと。五溺ということで、「国事、武芸、詩歌、神仙、老荘・仏教」ということで、「酒、賭け事、女、タバコ、嘘」といったものとはかけ離れた次元だが、大切なのは、溺れるくらいにやってみろということを説いている。仕事の中、生活の中での実践で、自分を磨いていくことが大切だという。

また、孔子の言葉も紹介されている。

「意なく、必なく、固なく、我なし」

主観だけで何かを判断する「意」、無理矢理自分の考えを通そうとする「必」、なにかにこだわり、執着してしまう「固」、自分のことだけしか考えない「我」。孔子にはこれらの欠点がなかったとのこと。それも、溺れるくらい打ち込んだ中から得られるものなのかもしれない。

老子の話では、「無用の用」が紹介されていた。

老子の説く無用の用というのは、器でいえば器の中の空間にあたる部分である。...もしカップの中に何もない空間がなかったら、...注ぐことはできない。これが無用の用である。



以下、参考になりそうなところを抜き書きしてみよう。

徳が才に勝るは君子であり、大人(たいじん)である。一方、才が徳に勝ったのが小人(しょうじん)。...剣禅一如の山岡鉄舟や西郷南洲は大人型。勝海舟や大久保利通は小人型

「徳に順(したが)う者は昌(さか)え、徳に逆らう者は亡ぶ」



「四耐」...「冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐える」

逆境や忍耐の例に出される松永安左エ門は、次の三つを実業家が本物に成るために欠かせない...

浪人
闘病
投獄

...これら全て、誰に助けてもらうものでもなく、自分の力で乗り越えていかねばならない。...

「伏すこと久しきは、飛ぶこと必ず高し」『菜根譚』




私淑する人物(師)を持つこと
愛読書(座右の書)を持つこと... 『論語』『孟子』『伝習録』『書経』




六中観
忙中閑あり
苦中楽あり
死中活あり
壷中天あり
意中人あり




運命というのは自分で創るもの...環境を作るということは、この運命創りの一つ




いろいろと学ぶところが多い一冊。通勤、通学のお供におすすめ~♪


実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:(易しい)


通勤大学人物講座〈2〉安岡正篤に学ぶ (通勤大学文庫)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「いい男の条件」(ますい志保)

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…」(ますい志保)は、銀座の会員制クラブ「ふたご屋」のママである志保さんが綴った「いい男」に関する一冊。銀座でさまざまな男をみてきた著者の見方が記されている。


何かを誰かにこぼすこともせずに、すべてを飲み込んでいく強さが人気の秘訣...できる男は、ダメな男だって気づかれないように、自分でこっそり心のメンテナンスをすることが上手い




独りぼっちとも言えるいい男は、誰でも孤独と焦燥感を持っています。回り道をして、つまずいて、転んで、やっと自分の勇気に気づいて立ち上がるのです。幸運の女神が微笑むいい男の条件は、ダイヤモンドでも金貨でもなく、生きる強さを持っていることなのです。それにかかった時間なんて、気にしなくてもいいのです。




最も大切なことは、自分を一番大切にしてくれる人に巡り合うことです。




いい仕事をする人は、誰でも孤独です。孤独を知らない人は、オリジナリティーのある考えや事業を興すことができません。




何かを創造する、クリエイティブな仕事ほど、孤独がつきまとうような気がします。自分との戦いが一番きついからです。




人生で大切なものは何かを知り、お金がすべてではないとわかっているから強い




夢が語れない人、持ち続けることができない男ほど、臆病で、何もできないのです。転ぶ勇気もないくせに、転んだ後のことだけを考えてしまう男性が多い




自分の身を任せられない人に、他人を信じることはできません。




いい女には、包み込みやさしさがあります。すべてを許してくれるような、感情の起伏がなだらかで、まるで悟りを開いているかのような。...いい男は、いい女でつくられるのです。




「いい男はいい女でつくられる。」男性だけなく、女性にも読んでもらいたい一冊。上を目指す人は目を通すべき一冊といえるだろう。


実践度:☆☆☆☆
理論度:
難易度: 




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる『自分ブランド術』」

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる『自分ブランド術』」は、「肩書きや目標を問わず、すべての人が価値ある自分ブランドを持ち、それを堂々と掲げている状態」という「Me 2.0」をいかに構築するかということを記した一冊。


インターネットが当たり前の状態になり、ソーシャルネットワークでの自分のアイデンティティをきちんと示すことが大切だということを説いている。


組織で出世するためのルール
1 戦略的に行動せよ
 常に自分の強みに合った、注目度の高いプロジェクトに参加する。

2 効率的であれ
 期限までにプロジェクトを仕上げる。そして成果を発表するときは必ず、仲間の貢献に言及する。

3 生産性を重視せよ
 プロジェクトにかける時間の長さではなく、生産性に重点を置く。

4 自分を宣伝すべし
 これはと思う仕事は必ず有力者に知らせ、相手のレーダーに確実に引っかかるようにする。




ブランドがすべてだ。そしてブランドの九割は印象である。
-ポール・ケドロスキー CNBCテレビ アナリスト




Y世代は、『ID世代』ともいわれます。IDとは、『私には(良いものを)受け取る権利がある(I Deserve)』の略です。




「チャンスの質は、パーソナルブランディングに費やした努力に比例します。強力な自分ブランドをつくった人は、すばらしいメンターと強固なネットワークを手に入れるでしょう。こうしたツールが、その人のブランドをさらに強固なものとしてくれるのです。もう出世階段は存在しません。これからは自分ブランドがキャリアの基盤となるのです。」
-ペネロペ・トランク ボストン・グローブ紙のキャリアコラムニスト




自分だけの特別な経験を使って、自分ブランドを差別化しよう。

・私を特別な存在にしているものは何か。
・周囲のメンバーが、私の特徴だと考えているものは何か。
・スキルや才能を人にほめられたことがあるか。
・自分が得意とし、かつ情熱を感じているものは何か。
・過去の実績のうち、自分がもっとも誇りに思っているものは何か。




自分ブランドを売り込むための6か条

1 自身を持つ
2 準備する 常に心構えを
3 研究する 相手を知る
4 伝える 具体的で重要で達成可能なことを
5 スピード 短い時間で確実に伝える
6 フォローする 




「人間に自分にできることだけでなく、自分の好きなこと、自分が楽しめることをするべきです。...良いことをすれば、その行動からあなたというブランドが自然にあらわれてくるのではないでしょうか。しかし『自分を良く見せよう』と思うと、口先だけの薄っぺらい人間になってしまうのです。」
-ガイ・カワサキ ガレージ・テクノロジー・ベンチャーズCEO




SMARTな目標

具体的(specific)で、測定可能(Measurable)で、達成可能(Attainable)で、現実的(Realistic)で、タイムリー(Timely)な目標を立てよう。




一読の価値アリ。おすすめ~♪


実践度:☆☆☆☆☆
理論度:☆☆
難易度:☆☆ 






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「略奪大国」(ジェームス・スキナー)

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~」(ジェームス・スキナー)は、アメリカ人的視点から日本のおかしさを指摘している本。

「平成23年度時点の国家公務員の平均年間賃金は1336万円。国民一人当たりの国内総生産は330万円。世帯平均所得は550万円。これどうよ?」と数字を使って日本の事実を見える化してくれている。

また、

前例主義は、良いことをせず、ダメなことをする言い訳にすぎません。問題は、何が正しいのかということです。



と日本の悪しき慣習を指摘したりもしている。さらに、

共産主義と社会主義は、窃盗を必要としている...それはその哲学の中心にある...ある人から財産を奪い、別の人に配布するという思想



として、社会主義と共産主義が略奪を基礎とする思想であることを述べている。

日本が破綻するときに「合併」という選択肢があり、その最良のものは、米国と合併することであることについても説明している。

アメリポンになれば、日本が抱えるほとんどの問題が解決されます。



確かに。GDPは、14.6兆円の米国と4.3兆円の日本を合わせて18.9兆円となり、世界の4分の1を占めることになる。戦争責任も問われなくなり、尖閣諸島や北方四島の近くに埋蔵しているメタンハイドレートの開発も容易になる。基地問題も、原子力の問題も、食料自給率も、エネルギー問題も、ほとんど一瞬にして解決するだろう。

その代わりに日本文化をはじめとして日本の良いところを諦めなければならないところはあるかもしれない。

著者は、日本がアメリカと合併したら、人口バランスから、道州制が導入され、議員も出ることになるだろうという。

もう一つ、アメリカらしい考え方が記されているところがある。それは、

民主主義を間違って解釈する人が後を絶ちません。アメリカの独立宣言に、人間は平等であると、一言も書いていません。書かれてあるのは、「人間は平等に作られた」ということです。つまり、スタートラインにおいて、平等なのです。後は、努力し、自分の生活を改善し、その成果を享受し、それを自分の思う方法で楽しむということができなければ、自由はない...本当の平等は、結果の平等ではなく、参加する権利が平等であるということです。



あとがきには、まともなビジネスパーソンなら納得できる著者の叫びが記されている。

「この状況を打破するために、政府は何をすべきですか?」 その答えは「ナッシング」何もしないで結構です!!!

「私は何ができるか?」その答えはカンタンです。「略奪心を捨てなさい」ということです。人のものをもらいたいと思うのを止めなさい。嫉妬心を止めなさい。人の成功を見て、それを喜んであげてください。



日本のことを憂うなら、一度は目に通したい一冊。オススメ。

実践度:☆☆☆
理論度:
難易度: 




【スキナー氏のその他の著書】
図解 お金の科学


成功の9ステップ





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「伝説の外資トップが説く 働き方の教科書」(新将命)

伝説の外資トップが説く 働き方の教科書」(新将命)は、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどのグローバルなエクセレントカンパニーで社長職、副社長職を勤めたビジネスパーソンによる渾身の一冊。

以下、抜き書きしてみよう。

成功のパイを最大化する四つの条件

1.情熱
 目指すは、自燃型人間 go-getter, self-starter か、点火型人間か。
 可燃型人間もまだ不燃型や消火型人間よりはマシか。
 
 情熱の源は「目的」と「目標」

 「やってみたい」という鯛族は願望人間、「やります」という鱒族は目標人間

2.スキル(仕事力)
3.マインド(人間力)
4.運




ビジネスパーソン人生のVSOP

 old ではなくmatureになれ

 二十代はV Vitality 活力
 三十代はS Speciality 専門性
  一点深堀型(スペシャリスト)
  幅広浅堀型(ゼネラリスト)
  幅広一点深堀型(プロフェッショナル)
  幅広二点深堀型(経営者)
 四十代はO Originality 独自性
 五十代以降はP Personality 人間力  




ジンザイの4分類

 人財 リーダーとしての資質を備える
 人材 ビギナー(やる気はあるがスキルがない)
 人在 フォロワー
 人罪 Loser




肥える転職をするための「資格」ー3・3・3公式

 自分が転職の意思を表明してから「3ヶ月以内」に
 現在の年収の「3割増し以上」の待遇で
 あなたを迎えたいという会社が「三社以上」ある

 転職の前に手に職を

 転職先は3C・2D・1Eをチェック
  Credo(企業理念・哲学)
  Chemistry(相性)→一番大切
  Commitment(コミットメント)本腰を入れているか
  Delegation(権限委譲)
  Direction(方向性)
  Expectation(役割期待)




三つの学びの素

 座学 1割 有用の学(語術力、BS/PL、IT)を7割、無用の学を3割
 師 2割
 修羅場 7割

 マネジャーが身につけておくべき能力の内訳(ジョセフ・バジール)
  職業的技術25%、革新的創造力25%、教養50%

 竹馬の書
  デール・カーネギー『人を動かす
  安岡正篤『経世瑣言
  『論語』『孫子
  佐藤一斎『言志四録
  伊藤肇『リーダーの帝王学
  吉田兼好『徒然草
  ピーター・F・ドラッカー『現代の経営(上)』『現代の経営(下)

 ヘンリー・ミンツバーグによる学問の分類
  クラフト(仕事における経験、技、スキル)
  アート(直感力、創造力などの教養)
  サイエンス(論理術、分析力などの実用)

 世界一古いビジネススクールは、江戸時代の「懐徳堂」1724年に船場に開校

 「知識は限界を設定するだけ」(ピーター・F・ドラッカー)
 考えたり話したりするが行動の伴わない人「NATO族」
(No Action, Talk Only)

 可処分時間配分法
  身体を休める、身体を鍛える、心を休める、心を鍛える




伸びる人は謙虚な人

 リーダーに絶対に必要な「自信」
 自信の源泉はスキル(仕事力)とマインド(人間力)
 2つの能力「保有能力」「発揮能力」
 能力をつける方法は、体験をして経験を積むこと、修羅場を経験すること

 美点凝視(よいところに注目して何かを学ぶ)
 
 Timing is money. Timing is everything.
 Quick eats all.

 A child tries. A man accomplishes.

プロのPRO
  Positive(肯定思考)
   注意深い楽観主義
  Responsibility(自負)
   責任転嫁は成長機会の自己否定
  Objective(目標)
   成功の反対は「目標のない生き方をすること」(野田一夫)

 運をよくする四つの方法
  「自分は運がいい」と思いつづける  
  「運気」をくれる人と付き合う
  メンター(師)を三人持つ
  学び続ける

 運をつかむことはリスクに背を向けないこと

 今日の自分は 昨日までの自分の結果である
 将来の自分は 今日からの自分の結果である



実践度:☆☆☆☆☆(実践的)
理論度:(具体的)
難易度:(易しい) 








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「働く君に贈る25の言葉」(佐々木常夫)

働く君に贈る25の言葉」(佐々木常夫)は、ビジネスパーソンにいろいろなヒントを与えてくれる良書。知り合いの息子の遼くんに対して語りかけるように書かれていて、いろいろなことを紹介している。

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条」(ケント・M・キース)に書かれている次のような言葉が紹介されている。

1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。
2 何か良いことをすれば、
  隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。
3 成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。
4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。
5 正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。
6 最大の考えをもった最も大きな男女は、
  最小の心をもった、もっともも小さな男女によって打ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。
7 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。
8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築き上げなさい。
9 人が本当に助けを必要としていても、
  実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。
10 世界のために最善を尽くしても、
  その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。



また、35歳になると、「人生観」「仕事のやり方」「コミュニケーションの仕方」などの方向性が固まり、一生かけて到達する地点はその方向性の延長線上にあるという考え方を紹介している。それらを「成長角度」と呼び、志によって決まるとしている。この角度を最大化することの大切さを説いている。そして、

焦らず、一歩ずつ、ひたむきに歩んでいって下さい



そんなメッセージを送っている。

また、自立した人間とは、「自分の力で環境を変えていこうとする人間」という考え方も紹介している。ホンダの前の社長の福井威夫さんの言葉も紹介している。

人は何のために働くかというと会社のためではない。自分のために働くのだ。それはいつの時代でも世界中どこでも共通なことだ。



ペンシルバニア出身のセーラ・マリ・カミングスという小布施を有名にした女性の例を紹介しながら、真のリーダーとは、「また、この人と一緒に仕事がしたい」と思えるような人であることを説いている。

仕事を効率化することについては、まず「信頼関係」が大切だということも紹介している。信頼を築くためには何より「真摯である」ことが大切という。挨拶をする、与えられた仕事は席にをもって誠実に遂行する、指示が理解できなければ確認する、ミスをしたら謝る、そういった態度と正しくかつ良質なコミュニケーションが大切だという。当たり前だけれど、忙しくなったり、気持ちに余裕がなくなったらおろそかにしがちなことではないだろうか。

また、母親がいつもいっていた言葉も紹介している。

運命を引き受けて、その中でがんばろうね。
がんばっても結果が出ないかもしれない。
だけど、がんばらなければ何も生まれないじゃないのー



自閉症の息子さんや入退院を繰り返して自殺未遂までおこした奥様を抱えながら、育児・家事・看病・仕事を両立してきた佐々木氏を支えてきた言葉なのだろう。

最後に、人を許し愛することが自分を大切にすることにつながるという考え方を紹介している。

それ以外もたくさんの示唆に富む話があり、これは読んで損はない、また、心が折れそうなときにたくさんの勇気をくれる内容となっている。絶対おすすめ!


実践度:☆☆☆☆☆(実践的)
理論度:(体験的)
難易度:(容易) 









にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「失敗した環境援助」(李賢映・上野貴弘)

失敗した環境援助―温暖化対策と経済発展の両立を探る」(著:李賢映・上野貴弘、監修:杉山大志)は、丁寧に文献を調べあげた上で論旨を展開した環境経済学、開発経済学に関する内容となっているが、昨今、環境ビジネスに興味がある人には参考になることも多いように思われる。

途上国に太陽光発電を普及させるのは本当にいいことなのか?

そういった疑問にもしっかりと答えてくれる内容となっている。また、電気事業制度の発展などについても書かれており、このような分野に興味をもつ読者にも適している。

実践度:☆☆
理論度:☆☆☆☆
難易度:☆☆☆ 








あわせて読んでおきたい一冊

再生可能エネルギー政策論―買取制度の落とし穴」(朝野賢司)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「反射力」(中谷彰宏)

『反射力』早く失敗してうまくいく人の習慣」(中谷彰宏)に書かれていることは、起業を目指す人、上を目指すビジネスパーソンにとって、参考になるスタンスがたくさん書かれている。例えば、

ゆっくり考えても、正解にはたどり着かない。

間違えることが、クリエイティブになる。

プロとアマの違いは、すぐできるかどうかだ。

人より先に、失敗する。

早く行動して、早く修正する。

失敗を許すことで、スピードが上がる。

モチベーションに頼らず、自動化していく。

アクションスターではなく、リアクションスターになる。

初球からフルスイングする選手が、伸びる。

「一秒遅れたら、一生間に合わない」と覚悟する。

「何人もいる」(神出鬼没?!)と言われる人間になる。



これらは細胞を活性化するとともに、キャリアを最速化するだろう。万人が一度は目を通してもいい一冊。

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度: 





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「モチベーションを思うまま高める法」(小山龍介)

モチベーションを思うまま高める法」(小山龍介)は、2003年9月から4ヶ月シリコンバレーに滞在した著者が、


日本にいながらシリコンバレーのような高いモチベーションを維持し、しかも圧倒的な成果を上げる「一人シリコンバレー」を実現する方法




として上梓したもの。「外発的動機付け」から「内発的動機付け」へのパラダイムシフトを説いている。


「成功するために」というモチベーションの高め方では、結果的に成功にたどりつきません。


成功はゼロサムゲーム
(長い箸で食事をする場合、地獄では、自分で箸を使って自分に食べさせようとするゼロサムゲーム、天国では、自分の箸で相手に食べさせるというwin-winゲーム)


ビジネススキルを高められる人は「上達できること」にフォーカスし、「絶対評価」し、「雲の先の山頂を見る」。ビジネススキルを高めることができない人は「好きなことに」フォーカスし、「相対評価」し、コンサル的「欠乏モデル」を念頭に置く。


人生を受動的に生きるコンシューマーではなく、新しいものを生み出すクリエイターになる


他人のモチベーションを高めるには、「ほめる」のではなく「認める」




ビジネスパーソンにとって、いろいろと参考になることが書かれている。折れそうになったとき、つまづきそうになったとき、さらに上を目指したいというとき、手に取ってみることをお勧めしたい一冊。


実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度: 





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「人事部は見ている。」(楠木新)

人事部は見ている。 」(楠木新、日経プレミアシリーズ)では、人事部に属する人たちがどんなことをしているのかということが書かれているが、参考になるのは、第4章の「人事部員が見た出世の構造」ではないだろうか。


そこには、次のようなことが書かれている。


役員を選ぶ基準は忠誠心

「(常務以上の幹部人事になると)こいつは忠誠心を持っているかどうかという判断は、日々の会話や言動の中からじっと見極めるわけです。馬鹿話しながらも、こいつは大丈夫かと見ているわけで、真剣さが違うから絶対に見抜ける。こいつ気持ちが離れていっているな、というのはわかるものです。(中略)
やっぱり、社長というのは、常に究極の選択を迫られてもいる。いつも究極の選択を迫られている人間に何が必要かというと、自分を応援してくれる人間であり、私がこうしてほしいと言ったことを、ちゃんと忠実にやってくれる人間が近くにいるということが一番重要なんですね。・・・」

・・・


ビジネスパーソンの上位層になると、「ヒキ」が大きなポイントになる


結果的にエラくなる人と長く一緒にやれる能力

大企業における課長クラス以上の「出世の条件」を私なりに一言で表現すると「(結果的に)エラくなる人と長く一緒にやれる能力」ということになる。


まずはエラくなる人と「出会い、知り合う」こと

社内で昇進の階段を上るための1つ重要な条件を挙げると、「(結果として)エラくなった人」と出会い、知り合うことである。誰だって、人となりを十分知らない人物を「ヒキ」上げることはできない。・・・同じ時間、空間を共有することが必要なのである。

・・・「同期のなかで役員として残っている2人の共通点は、過去に頭取と同じ職場で仕事をしたことだった」


課長クラス以下までは実力勝負




こういった示唆は、多くのビジネスパーソンに役に立つのではないだろうか。


また、大手企業の内部管理機構で活躍できる能力として、次の3つが挙げられている。



上司に対する接し方

ポイントは「察する力」・・・人間関係のプロ

上司が信頼する第三者から、自分の部下についての良い評判を聞くと、その部下への高い評価につながる。

他部課との調整は必須

「(役員・上司の誰某には)きちんと説明したか」
「(役員・上司の誰某は)どう言っている?」
「(そんな話が進んでいることを)俺は聞いていない」

どのボタンを押せば、話が進むのかをつかむ感度が大切

上司の枠内に収まる能力

相当高い役職者に求められる能力・・・部長クラスまでであれば、外部の目がまだ多いので、存分に力を発揮してもそれほど影響を受けない。

ところがさらにその上の役職者になると話は変わる。・・・特に安定的な大企業ではそうなりやすい。・・・トップからすれば、自分が越えられることを恐れる意識を払拭できない




この本はすべてのビジネスパーソンにとって一読の価値あり。おススメ~♪


実践度:☆☆☆☆
理論度:
難易度: 











にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「国家は破綻する」(This time is different)

国家は破綻する――金融危機の800年」(カーメン・M・ラインハート、ケネス・S・ロゴフ)は、

「今回はちがう」シンドロームによるバブルの生成とその崩壊を契機に、銀行危機、通貨危機、インフレ危機を経由して対外債務・対内債務のデフォルトを引き起こしてきたのが金融800年の歴史。


と紹介があるように、金融の歴史に関する書なのだが、原著の題名「This time is different」というのが示すとおり、みんなが「今回は特別だ」「今回は違うんだ」ということで、大騒ぎするということ、それによって、多大な損失が発生していることを淡々と述べている。

国家の破綻なんて起きないよね~♪なんて能天気なことを言う前に、この本を読んで、これまでいかにそういうことが繰り返されているかを知るべきかもしれない。

ちなみに、ロバート・ルーカスは、こう批判しているとのこと。

経済政策の変化がもたらす効果を、過去のデータ、とくに高度に集計化されたデータから得られた関係にのみ基づいて予測するのは単純に過ぎる


なお、日本も1942年に対外債務デフォルトを起こしたということも紹介されている。そんな事実を知り、「This time is different」症候群を脱するか。どう活かすかは読み手次第。一度手にとってみてはいかが?!


実践度:
理論度:☆☆☆
難易度:☆☆☆☆ 









にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「一本線ノート術」(吉澤ゆか)

アイデアがあふれ出す 行動が加速する 1本線ノート術」(吉澤ゆか)では、ノートの真ん中に1本線を引き、左側に「学んだこと」、右側に「いつまでに何をするか」を書いていくというシンプルなノウハウを、著者の例を参考にしながら紹介している。



ポイントは、右側。具体的な行動まで書いていくことが大切ということ。これを実践していくことで、どんどんと夢がかなっていくという。



確かにそうだろう。



著者は言う。


情報は力ではない。行動が力を生み出す。



単なるノート術ではなく、これは、ビジネスの基本的なスキルになりえる。実践することでのみ、成果をあげていくことができるのだ。


目を通して損はない一冊。


実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度: 







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 



参考:


























テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ(郷原信郎)

組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ」(郷原信郎、毎日新聞社)では、コンプライアンスとは、単なる法令遵守ではなく、社会からの要請に応えることと捉えるべきであるということを説いている。

日本国外から入ってきた言葉を直訳しているだけではだめで、その背後にある考え方をしっかりと理解した上で概念を使いこなさなければならないということを教えてくれている。

ライブドア事件や村上ファンド事件、トヨタのリコール問題への対応、原子力問題に関する電力会社のあり方、検察の不祥事など具体的な事例の本質に触れつつ、本来どうすべきであったかということが解説されているので、ビジネスの第一線にいるビジネスパーソンにとって、理解しやすくなっていると思われる。

また、日米の違法行為は、それぞれ「ムシ型」(害虫型)と「カビ型」であるという比喩を使った説明もなされており、本書を読めば、その意図するところがよく理解できる。

コンプライアンスは、法務部門だけの仕事ではない。ビジネスの現場では、常に意識しなければならないことである。なぜなら、それは、単なる法令遵守なのではなく、社会の要請に応えることだからである。他を凌ぐ一歩抜きん出たビジネスパーソンになるために役に立つ一冊。オススメ!

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:☆☆



郷原信郎氏関連図書 








 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」(ちきりん、イーストプレス)は、「ゆるい」タイトルの割には、生きるヒントがいろいろと詰まっている一冊。

たとえば、閉塞感が漂う日本だが、著者は、日本にはユニークバリューがある、などといくつかの前向きな理由を挙げ、まだまだ日本はやれるんだ、大丈夫だ、という気にさせてくれる。

また、「できる人」のタイプを、パソコンのスペックになぞらえて分かりやすく語ってくれる。これはなかなか秀逸だった。たとえば、

CPUが最新で高クロック数、HDDが大容量、RAMの装備サイズが大きい、通信環境とネットワークが充実、多彩なアプリがプリインストールされている、バッテリー容量が大きい

などなど、自分ならどんな長所を生かして、どこで勝負しようかとふと考えてしまう^^;;

そして、「自分の表現方法」を探すことの大切さを説いている。これらはすべて、楽観的に生きることで、次に繋げていくという考え方に基づいているように思える。

とにかく、一度は目を通して損はない一冊。

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:(難しくない!)



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪ 




テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

「あなたを天才にするスマートノート」(岡田斗司夫)

あなたを天才にするスマートノート」(岡田斗司夫)は、発想力、論理力、表現力を、ノートでどう高めるかを示してくれた画期的な一冊。

発想力&表現力で面白さを、表現力&論理力で説得力を、発想力&論理力で企画力を目指し、これらすべてが満たされる人を「天才」としている。この本の中では、ノートを使って、この状態に持って行く方法が示されている。

安い100円のノートを使うこと、見開き2ページを右側から書くこと、これを毎日続けることで、知識から教養、見識へ高めることができるという。

「検索エンジンの発達でどんどん『わたし』の意味・独自性が薄れていく」中で、このノート術のエッセンスを取り入れることで、人生はもっと楽しく面白くなるのではないだろうか。この春、おススメの一冊。

実践度:☆☆☆☆☆
理論度:
難易度:





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

「ザッポス伝説 ~ 顧客が熱狂するネット靴店 アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか」

ザッポス伝説 ~ 顧客が熱狂するネット靴店 アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか」(トニー・シェイ著)は、

起業とはこういうものなんだ!

ということを追体験させてくれる良書。筆者のトニー氏は、ザッポスに投資家として関わり始めたが、後にCEOとなって、会社を成長させ、アマゾンに買収されるまでに育て上げた。その様子が、トニー氏が語るように書かれている。

ただ、起業を目指す人だけでなく、普通にビジネスに従事している人にとっても役立つ内容が盛りだくさん。本を読むということは、他人の追体験をすることができ、他人が犯した失敗を繰り返すことなく次に進めるという利点があるが、この本は、それを地で行く内容である。単にネットショップの物語でもないし、単に靴屋の話でもない。

例えば、ザッポスの企業文化には注目すべきところがたくさんある。それは10のコアバリューとして紹介されている。

1.サービスを通して「ワオ!」という驚きの体験を届ける
2.変化を受け入れ、変化を推進する
3.楽しさとちょっと変なものを創造する
4.冒険好きで、創造的で、オープンマインドであれ
5.成長と学びを追求する
6.コミュニケーションにより、オープンで誠実な人間関係を築く
7.ポジティブなチームとファミリー精神を築く
8.より少ないものからより多くの成果を
9.情熱と強い意志を持て
10.謙虚であれ


もし、組織全体がこのコアバリューを共有していたとすればどうなるか。きっとスゴイ成長力が期待できるのではないだろうか。「ワオ!」という驚きの体験を顧客に届けることができるのであれば、それは口コミになって広がるだろうし、また次も買いたいという気になるかもしれない。

読み方次第でさまざまなヒントが詰まった良書。オススメ!

実践度:☆☆☆
理論度:
難易度:☆☆



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 他のビジネス書の書評ブログもチェック~♪

テーマ : ビジネス書の紹介
ジャンル : ビジネス

プロフィール

起業の聖地シリコンバレーで、MBAの授業を覗きつつ、本場のベンチャーとイノベーションにまみれた診断士がオススメ本を紹介~♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

評価ポイント
  • 実践度:☆☆☆☆☆
    実践的で役立ち度:大
  • 理論度:☆☆☆☆☆
    理論的な色合い:大
  • 難易度:☆☆☆☆☆
    文章や内容の難易度:高
カテゴリー
最近の記事
ベンチャー関連本


起業関連本

 

イノベーション関連本
 
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも一覧

Happy Healthy Smiley Life

究極の英語学習法

いつまでパパでいられるか

日々研鑽、日々勉強
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。